大田鈑金検査員ブログ

ホーリズム(全体論)

全体は部分の総和以上である~ ホーリズム(全体論)

 

これはホーリズムと言って、「全体」は、それの「部分」の算術的総和

以上であるという考え方のこと。

 

つまり、部分部分をバラバラに理解しても系全体を理解出来るもの

ではない。という事実を指摘する考え方である。

 

これらの考え方は、現在は分子から人間社会に至るまで、生物、社会、

経済、「精神」、言語など様々な系において成り立つことがわかってい

る。古い科学の問題点を克服するために、今後の科学に求められて

いる論点である。 

 

   ~~~~~~~~  引用ここまで  ~~~~~~~~

 

今日ある調べ物をしていたら偶然見つけて久々に「なるほど!」と

思ったので記事にしてみました。

 

ホーリズムというひとつの理論だそうですが、科学的理論であるに

もかかわらず矛盾していそうな「精神」という言葉を使っているところ

にちょっと惹かれてしまいました。

 

さらに引用すると

 

「人間の精神は部分や要素の集合ではなく、全体性や構造こそ重要視されるべき」

 

とあります。

 

例えばスポーツ選手のメンタルは技術や体力的なものが原因では

なく、チーム全体の状態や、ベンチの雰囲気、応援席の声などが

重要になってくると言うことでしょうか。

 

野球も9人対9人のゲームという考え方ではなく、ベンチメンバーや

監督、応援席も含めて「全体」として考えると、父母の応援も確実に

チームの総合力を押し上げているということでしょう。

 

だとすると応援にも力が入りますね。

コメントをのこす




ページの先頭へ戻る